いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座

女性の薄毛の原因・対策まるわかりナビ いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座
  • 50代女性にお薦めの薄毛対策
  • 40代女性にお薦めの薄毛対策
  • 30代女性にお薦めの薄毛対策

30代

 薄毛克服を目指して頑張った30代の女性たちの育毛体験談を集めています。

30代女性の薄毛は死活問題?!

30代女性の薄毛克服エピソード。ぜひ参考にしてみてくださいね。

会社員32歳

仕事が忙しくて11時くらいに帰宅する毎日。シャワーを浴びたらそのままバタンキューという日が続いていました。
ある朝目覚めるとなんだか頭皮がかゆい。とりあえず時間もないしセッティングだけして出勤しました。それから毎日かゆみが気になり始め、ふと見ると紺色のジャケットの襟にフケ?!これはまずい!と、クレンジングシャンプーに替えてしっかり目にシャンプーしていましたが、いっこうにおさまりません。そのうち抜け毛も目立つようになり、これは本気でやばいかもと思い始めていろいろ調べました。

まず一番の原因は仕事のストレス、そしてドライヤーせずに寝てしまうこと、さらにシャンプーのし過ぎでした。
そこで、ネットでレビューのよかった育毛シャンプーを使い、シャンプーの仕方も見直しドライヤーできちんと乾かして眠るように。2週間くらいすると抜け毛が劇的に減り、かゆみも激減。今は食生活にも気を付けるようにしています。

看護師35歳

夜勤もあり毎日がストレスのたまる仕事です。どうしても時間も不規則で寝不足気味。食事も手早くすませることが多く、インスタントやコンビニの頻度も多かったと思います。

ところが久しぶりの休みに鏡を見て生え際が薄くなっているのにびっくり。普段から髪はまとめてナースキャップを被っているのでそのためかなと思っていました。それからというもの日に日に生え際が気になるように。ある日家に帰ってシャワーを浴びて流れた髪を見てショックを受けました。すごい抜け毛…これはもうストレスに違いないと。でも仕事なので仕方ありません。

そこでまず栄養バランスを考え、サプリメントを毎日摂るようにしました。特にビタミンは必ず、そして髪にいいと聞いて亜鉛も摂るようにしています。
また育毛ローションを使ったマッサージを始めてみたところ、抜け毛が減ってきたことに気付きました。
髪が増えたかはまだわかりませんが、続けていればこれ以上減ることはないのかなと思って頑張ります。

事務職33歳

デスクワークがメインの私は、夏は冷房、冬は暖房と超快適空間で仕事をしているつもりでいました。
ところが30歳を過ぎたあたりから1年中頭のかゆみとフケに悩むようになりました。先日とうとう同僚から「最近薄くなってない?」と言われてしまいました。確かに頭頂部あたりのボリュームがない気が…

そこで調べてみたら、エアコンの乾燥って頭皮によくないんですね!
タバコも吸うのでそれも×。連日の飲み会もNG。自堕落でぬるま湯生活を反省しました。

そこで最近はまっているのが健康手作り弁当。毎朝繊維と野菜たっぷりのお弁当を作って持って行くようにしています。タバコはとりあえず本数を減らし、夜の飲み会も週末だけに。
エアコンは仕方ないのでローションを使っての頭皮マッサージを試しています。
それとサプリメントは必須。プラセンタがいいと聞き、亜鉛やコラーゲンと一緒に毎日飲んでいます。
そのためか最近ヘアスタイルもばっちりきまるようになりました。朝髪がべたっとしていたのは、薄毛になり髪に元気がなかった証拠だったんですね。

営業38歳

外回りの仕事をばりばりこなしています。忙しいながらもメリハリのある毎日でやりがいを感じていました。
ただ最近、朝のスタイリングがきまらない。どうやってもペタッという感じで昔のようにきりっとした雰囲気が作れないのが気になっていました。

先日行きつけの美容院で「ちょっとつむじあたりが薄くなったね」って言われてショックでした。
スタイリングがきまらないのはどうやらそのためみたい。すぐに美容師さんにいろいろアドバイスをもらいました。

まずストレスを解消すること、頭頂部は紫外線の影響を受けやすいから気を付けること、シャンプー後はしっかり乾かすこと、頭皮や毛根にいい栄養を与えること、そして育毛シャンプーなどを使ってみては?ということでした。
できることからやろうととりあえずシャンプー後のドライヤーと育毛シャンプーを心掛けました。
食事は時間が不規則になりがちなのでサプリを上手に使うことに。私のような者にはサプリはほんとに便利。必要な栄養素をきちんと摂れるので髪だけじゃなくて健康のためにいろいろ試しています。

始めて2カ月くらいですが、件の美容師さんに「ちょっと髪にハリが出てきたね」と言われ少し安心。続けなくてはと思っています。

この記事の関連のページ

このページの上部へ ▲