いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座

女性の薄毛の原因・対策まるわかりナビ いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座
  • 50代女性にお薦めの薄毛対策
  • 40代女性にお薦めの薄毛対策
  • 30代女性にお薦めの薄毛対策

牽引性(けんいんせい)脱毛症

女性の間で増えている牽引性脱毛症について調べてみました。いつも同じような髪の束ね方をすることで頭皮にダメージを与えてしまい、それが原因となって牽引性脱毛症は起こります。どうしたら防げるのか、症状の特徴などと合わせて紹介します。 

牽引性(けんいんせい)脱毛症とは

牽引性(けんいんせい)脱毛症は、女性の間で増えている脱毛症です。長い間同じように髪を束ねることで頭皮がダメージを受けて、脱毛症を引き起こします。

たかが髪型で、と思うかもしれませんが、昔から同じ髪型で髪の毛を引っ張り続けていると蓄積するダメージは大きいものです。

「最近頭皮が見えてきた」「分け目がくっきりして細長く見えてきた」という女性は要注意。それが牽引性脱毛症の危険信号かもしれません。 

牽引性(けんいんせい)脱毛症の特徴・原因・対策

特徴

牽引性脱毛症になると引っ張られている部分の髪の生え際や分け目の部分が、だんだんと薄くなっていく症状が現れます。

頭頂部の髪を強く縛っていると頭のてっぺんが薄くなり頭皮が透けている状態になりますし、ヘアバンドなどでずっと顔まわりの髪をかきあげていると髪の生え際からだんだんと薄毛になります。

原因

アップヘアやポニーテールなど髪を束ねる髪型を長期間同じように続けていると、頭皮に負担を与えてしまいます。

一般的には髪を少し引っ張った程度では毛髪が抜けることはありません。ですが長期間髪を束ねていると、その部分だけに負担がかかり続けてしまい脱毛症に繋がります。

髪型だけでなく、ヘアアイロンやエクステなどで同じように髪を引っ張り続けるのも良くないと言われています。

対策

牽引性脱毛症の対策としては、第一に髪を引っ張らないことが挙げられます。

頭皮へのダメージを軽減することで脱毛症は次第に回復するはずです。

薄毛が気になったらなるべく同じ髪型をしないように、髪型を定期的に変えてみましょう。

また、頭皮マッサージも有効です。適度なマッサージを行って頭皮の血行を良くすると髪が健康になります。

牽引性脱毛症は他の脱毛症に比べると症状が軽いので、このような対策をするだけでほとんどは改善します。

心配しすぎて育毛剤などを使用すると、逆に刺激を与えすぎる場合もあるので控えましょう。

この記事の関連のページ

このページの上部へ ▲