いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座

女性の薄毛の原因・対策まるわかりナビ いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座
  • 50代女性にお薦めの薄毛対策
  • 40代女性にお薦めの薄毛対策
  • 30代女性にお薦めの薄毛対策

産後脱毛症

産後に髪が抜ける分娩後脱毛症(産後脱毛症)について紹介しています。分娩後脱毛症は女性の多くが経験するという脱毛症なのでほとんどの場合は心配ありませんが、髪が抜けてしまう原因や対策方法をきちんと知っておきましょう。 

分娩後脱毛症とは

女性特有の脱毛症の一つに、分娩後脱毛症があります。

この分娩後脱毛症は、妊娠によって女性ホルモンの量が増えることで一時的に毛周期が変わり、その変化によって産後に抜け毛が多くなったり髪が薄くなったりしてしまう脱毛症です。

産後に髪の毛が少なくなった、抜け毛が多くなったと感じている女性はとても多く、そのほとんどがこの分娩後脱毛症と言えます。一般的には出産後半年~1年程度で自然と治るため、過度な心配をする必要はありません。 

分娩後脱毛症の特徴・原因・対策

特徴

分娩後脱毛症は一部分だけがごっそりと抜けてしまうことはなく、全体的に抜け毛が増えてボリュームダウンするような脱毛症です。

抜ける量は人それぞれですが、多い場合は全体の20%ほど抜けてしまうこともあります。

抜け毛のほかにも髪自体が細くなってしまうため、薄毛になったと感じやすくなるようです。

原因

分娩後脱毛症の原因は女性ホルモンが関係しています。妊娠をすると胎児に栄養を回すため、髪に必要な栄養素が取られてしまい、さらに出産前後はエストロゲンなどの女性ホルモンが急激に増減することで、毛髪サイクルが成長期から休止期に移行をします。

一気に毛が休止期に入ってしまうため、出産後に突然抜け毛が増えてしまうこととなります。

対策

分娩後脱毛症は妊娠と出産によるホルモン変化のための脱毛症なので、ほとんどの場合心配はいりません。

時間の経過とともに自然と治るものなので、気にし過ぎてストレスを溜めこまないようにするのが一番です。

「分娩後脱毛症かな?」と感じたら、まず半年位は様子見をしましょう。自然と回復してきたらそのままで良いですし、半年たっても一向に抜け毛の量が減らないどころか増えてきたりすれば、他の脱毛症も考えられるので医師に相談をしてみて下さい。

この記事の関連のページ

このページの上部へ ▲