いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座

女性の薄毛の原因・対策まるわかりナビ いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座
  • 50代女性にお薦めの薄毛対策
  • 40代女性にお薦めの薄毛対策
  • 30代女性にお薦めの薄毛対策

妊娠・出産

妊娠と出産で脱毛や薄毛が起こりやすい原因を調べています。出産経験のある女性の多くが悩むこの時期の抜け毛、それには女性ホルモンが大きく関わっていました。なぜ薄毛や抜け毛が起こるのか、その理由と対策を紹介します。 

妊娠・出産は女性ホルモンが大きく乱れやすい

よく出産後に髪の毛が抜けるという話を聞きます。女性は妊娠と出産でホルモンバランスが今までと変わってくるため、抜け毛が起きやすくなる時期なのです。

実際に妊娠中や産後に抜け毛が増えたと感じている方は、6割ほどいると言われているので、女性の悩みの一つになっています。

なぜ妊娠や出産で髪の毛が抜けてしまうかというと、女性ホルモンのバランスが乱れるからです。

妊娠をすると今まで食べていた物が食べられなくなったりするため、栄養バランスが崩れやすくなります。

するとホルモンバランスも崩れて髪の毛が抜けてしまいます。もちろん栄養面だけが理由ではなく、妊娠による不安や体調の変化が関わってくると考えられます。

ただし妊娠後期になると女性ホルモンの分泌量が増えるため、初期の頃よりは抜け毛がだいぶ落ち着いてきます。

また、出産後は女性ホルモンが通常の状態に戻ろうとするので、ここでまたバランスが乱れやすく髪の毛が抜けてしまうのです。

これを分娩後脱毛症と呼ぶのですが、産後2~6ヶ月の間はこのような現象が起きやすく、驚いてしまう女性が多いようです。 

妊娠・出産時期に気を付けたいこと

妊娠や出産時期の脱毛は女性特有のものなので、「時期が来ればおさまる」とゆったりとした気持ちで過ごすことが大切です。

一時期薄毛になったとしても心配することはありません。薄毛になったことで悩んでストレスを受けると、それが引き金になってさらに抜け毛が増えてしまう場合もあります。

あまり考えすぎないようにして毎日を過ごしましょう。

ただし産後1年を過ぎても脱毛がおさまらない場合は、他の要因が関わっている可能性もあるので、一度医師に相談するのが良いですね。

また、効果的な成分が配合された育毛サプリメントなどで、予防・改善するのもよいでしょう。

選ぶ際とは、「女性専用」である商品のほうが、女性の育毛メカニズムに特化しているので、おすすめです。

この記事の関連のページ

このページの上部へ ▲