いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座

女性の薄毛の原因・対策まるわかりナビ いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座
  • 50代女性にお薦めの薄毛対策
  • 40代女性にお薦めの薄毛対策
  • 30代女性にお薦めの薄毛対策

加齢・ホルモンバランスの乱れ

35歳~50歳位の女性が悩む薄毛について、加齢とホルモンバランスの関係性から原因を探っています。なぜ年齢を重ねると髪が薄くなってしまうのか、女性ホルモンの減少はなぜ起こるのかを調べました。

加齢による、女性の薄毛の悩み

若い時には薄毛なんて気にしなかったのに、30代後半位から髪の毛が痩せてしまったり抜け毛が多くなってしまったりするのに悩む女性はとても多いですよね。

女性が薄毛になってしまう理由の一つに加齢があります。男性は頭の生え際部分から薄くなる傾向があるのに対し、女性は年齢を重ねると部分的ではなく全体的に薄くなっていきます。気づいたら髪の毛が細くなったり柔らかくなったりしていて、髪質が若い時よりと変わってしまうのです。

ではなぜ加齢によって髪質が変わってしまうのでしょうか。それにはホルモンバランスが深く関わっています。

女性ホルモンの減少や乱れが原因

加齢による女性ホルモンの減少

薄毛に一番関係しているホルモンが女性ホルモンです。

女性ホルモンは卵巣から分泌されていて、その卵巣内にある卵胞からエストロゲン、黄体からプロゲステロンが分泌されています。

エストロゲンには髪の毛を成長させる作用があり、プロゲステロンには育毛を維持する作用があるため、この2つの分泌量が髪の毛に深く関わっています。

ところが女性ホルモンは20代後半~30代前半までは安定して分泌されているのですが、35歳以降になるとだんだんと減っていき、45~55歳の更年期では一気に低下します。

35歳位から髪の毛がうねったりパサつきがひどくなったりするのは、女性ホルモンの分泌がだんだんと少なくなっていくからです。

さらに加齢を重ねると白髪が目立ち始めますが、白髪によって頭皮が見えるとより薄毛の印象を与えてしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンは脳の視床下部から命令を受けた脳下垂体が卵巣に指令をして分泌をさせています。

これらの連携により分泌をコントロールしてバランスを取っているのですが、ある要因が加わるとバランスが乱れがちになり分泌が減ってしまうことがあります。

たとえば過度のストレス、無理なダイエットを行うと脳が指令を出さなくなってしまい、ホルモンの分泌が止まったり減ったりしてしまいます。

他にも食生活の乱れなどもバランスを崩しやすく、頭痛や肩こりといった薄毛以外にも不調が現れてしまいます。

老化は誰にでも訪れるものなので仕方がないことですが、正しいヘアケアや生活習慣を送ることで老化スピードを遅らせることができ、女性ホルモンの乱れも改善できます。

普段からのお手入れを頑張り、薄毛・脱毛の対策をとっていきましょう。

この記事の関連のページ

このページの上部へ ▲