いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座

女性の薄毛の原因・対策まるわかりナビ いつもでも美しくありたい女性のための薄毛・抜け毛対策講座
  • 50代女性にお薦めの薄毛対策
  • 40代女性にお薦めの薄毛対策
  • 30代女性にお薦めの薄毛対策

治療薬を飲む

このページでは薄毛治療をクリニックで受けた場合、どのような治療薬を処方されるのかを紹介します。発毛を促す薬、抜け毛を予防する薬など効果は薬によって違います。ある程度知識を入れておくことで薬を安心して使うことができるはず。これからクリニックでの治療を検討している方も参考にして下さい。

クリニックで受ける、女性の薄毛治療とは

薄毛治療をクリニックで受けた場合、どのような薬を処方されるのでしょうか。

女性の薄毛治療で処方される薬の種類や効果を紹介します。 

処方される薬の種類

内服薬

最近は女性の脱毛症や薄毛をケアする内服薬、パントガールが処方されることが多いようです。

パントガールは副作用もなく、安心して服用が可能。抜け毛を改善し、発毛を促すことができます。

他にも漢方薬を使って治療効果を最大化するケアもあります。漢方は頭皮の炎症状態や血行不良、ストレスなどそれぞれに合わせて処方されます。

外用薬

直接頭皮の薄い部分や脱毛している部分に塗って使います。円形脱毛症に使われるフロジン液、抜け毛を抑えるパントスチンなどが代表的です。

特に女性が安心して使用ができるパントスチンは代表的な外用薬です。

注射薬

薬剤を直接頭皮に注射する方法です。有効成分が毛根に届きやすく早く効果を実感できます。ただし内服薬や外用薬に比べると高額になります。

処方される薬の効果

抜け毛予防の薬

内服薬のプロペシアや外用薬のパントスチンには抜け毛予防の効果があります。パントスチンは作用がマイルドなので女性が使うのに適していて、加齢や遺伝性による抜け毛に効果的です。

発毛を促進する薬

内服薬のパントガールや外用薬のロゲイン、フロジン液が発毛に効果を発揮します。

女性特有の瀰漫(びまん)性脱毛症や分娩後脱毛症には、特におすすめです。発毛を促すには漢方治療や育毛メソセラピーや女性ホルモン補充療法などもあります。

この記事の関連のページ

このページの上部へ ▲